Process
Business加工事業

加工事業

選果自社選果ならではの厳しい基準で、青果をチェック

産地、特に海外から長い旅を経て届く野菜・果物は、輸送の間に傷みなどが生じる可能性も高く、厳重な品質チェックが必要です。多くの商社が選果と呼ばれる選別作業を外注するのに対し、TOMINAGAでは、ほぼすべての青果を自社で選別。野菜・果物のプロであり、さまざまなシェア1位を誇るTOMINAGAだからこその厳しい基準のもと、専用の選果機や人の手を使って、ランク分けやサイズ分けを丁寧に行なっています。B級品や廃棄に選別された青果も、無駄なくリサイクル他に活用するなど、環境にも配慮。自社で選果や加工も行う、いわばメーカー機能を持つことで蓄積する豊富な青果の知識も、商品開発に生かされています。

剥き玉ねぎ皮剥きの手間を省いて、リサイクルにも貢献

生産から販売までの工程を自社で一貫して行なうTOMINAGAは、小売店や食品メーカー・外食チェーンなど取引先様のニーズにキメ細かく応えながら商品開発や商品企画ができるのが強みです。
TOMINAGAの剥き玉ねぎは、皮付きの原料を冷蔵庫に保管し、食品メーカー様から発注をいただいてから皮剥き処理。上下カット・洗浄殺菌・検品・金属探知機の工程後、出荷します。 産地・サイズ等の指定も可能で、1年を通じて供給しています。また、自社で残渣処理施設を備えており、皮などの加工過程で出た残渣は堆肥リサイクルへ積極的に利用しています。

カットかぼちゃ調理が大変なかぼちゃを、あらかじめカット

かぼちゃは活用範囲も広く栄養も豊富な万能野菜ですが、皮が硬く調理が大変です。そんな唯一の弱点とも言える面倒な工程を、あらかじめ済ませてお届けします。スライスカット、ブロックカット、ハーフカットなど、厚さや分量に応じて適切なカットがあるほか、特に味にこだわる場合は、味センサーにかけた糖度の高いかぼちゃを使用することもできます。1年を通じてさまざまな産地のかぼちゃを供給しており、産地・サイズ等の指定・真空包装も可能。いずれもお取引先様からの発注毎に加工し、出荷しています。

色付け(ムロ)バナナやアボカドを追熟させて、食べごろ出荷

バナナは、緑色の状態で輸入することが植物防疫法で義務づけられています。そのため、日本に着いて検疫を受けたあと、色付け(追熟)という工程を経てから出荷されることになります。TOMINAGAでは、自社でムロと呼ばれる温度管理された施設を持っており、エチレンガス(環境中に広く存在する気体で、野菜や果物などが発する植物ホルモンの一種)を使って、バナナを色付け・追熟させています。同様に、輸入したアボカドもムロで追熟させ、お客様に届く時期にちょうど美味しい食べ頃となるよう、出荷しています。

Follow Us